保湿化粧品

保湿化粧品選びのポイントは?

保湿化粧品は自分の肌の状況にあったものを選ぶ必要があります。肌の乾燥はひとそれぞれですから、どれだけ乾燥しているのかに合わせる必要がありますし、バリア機能が低下していると刺激にも敏感になりますから低刺激かどうかも重要なポイントとなります。

保水効果の高いセラミドが配合されているかどうかが一つの目安に

保湿化粧品

この点を踏まえた上で保湿化粧品選びのポイントを見ていきましょう。まず保湿成分。もっとも重要なのがセラミド。細胞間脂質のじつに4割を占める成分で、角質細胞同士を結びつけながら水分を保持する働きを持っています。またバリア機能を維持する働きもあるためこれが不足すると乾燥肌と敏感肌が両方進んでしまいます。このセラミドに関してはもっとも効果が高いといわれているヒト型セラミドが配合されているものを選ぶのが鉄則です。

 

それからヒアルロン酸。こちらは肌の内部で水分を溜め込む働きを持っています。大半の保湿化粧品に配合されていますが、選ぶ際のポイントは2つ。まずセラミドと一緒に配合されているかどうか。この2つは同じに補うことで相乗効果を発揮するからです。それから処方。ヒアルロン酸は分子量が大きく、外部から補おうとすると肌に浸透しにくいという難点を抱えています。そこで化粧品メーカーでは加水分解などナノ化によって分子を小さくして浸透性を高める工夫を行っています。どれだけ浸透しやすい作りになっているのかもしっかりと見ておきましょう。

保湿成分はナノ化などで浸透力が高くなっているかどうかもポイント

他にもコラーゲンプロテオグリカンといった保湿成分も重要なポイントです。大半の成分には複数の保湿成分が配合されているのでそれぞれの効果を確認することが非常に重要です。

 

もうひとつ見ておきたいのが抗酸化作用。乾燥は老化と切っても切れない関係にあります。老化がこれまで挙げてきた保湿成分を減少させるともにターンオーバーの乱れや紫外線のダメージに敏感になるといった問題を引き起こします。保湿化粧品にも抗酸化作用が欠かせないのです。ビタミンC誘導体、コエンザイムQ10、EGF、フラーレンといった成分が保湿成分とともにバランスよく配合されているかどうかもチェックしておくとよいでしょう。
参照:保湿ジェルの選び方 | 保湿ゲル | オールインワン化粧品